Ubuntu freak

Ubuntuの操作と設定の解説 Please One Click  http://ubuntufreak.net

Ubuntuのフォルダとファイルの操作

ファイルマネージャー>Nautilus

 デスクトップ左側の「ランチャー」の上から2番目のアイコンをクリックすると、 ファイルマネージャー>「Nautilus」が開きます。

fale-manager

Page Menu

フォルダとファイル>ファイルマネージャー
ファイルマネージャー>Nautilus>「全画面表示」
Nautilus>「全画面表示」>隠れたファイルを表示
Nautilus>「全画面表示」>ファイルシステム

フォルダとファイル>ファイルマネージャー

fale-manager

 Ubuntuは、「Nautilus」により、ファイルやフォルダの「移動」や「コピー」・「削除」といった操作ができます。

 ファイルやフォルダを右クリックすると、「移動」や「コピー」・「削除」を選択できます。 また、ドラッグ&ドロップでも簡単に移動できます。 ファイルの「圧縮」や「展開」も右クリックから選択します。

 CD/DVDメディアに記録されたファイルも、PC上のファイルと同様に「Nautilus」で扱えます。 PCにCDやDVDをセットするとOSが認識して、ディスク型のアイコンがデスクトップ画面に出現します。 このアイコンをダブルクリックすると中身を表示します。

 CD/DVDを自動認識した際も、「ドライブ」として認識したのではありません。 CD/DVDは、ルートの下にある「media」以下に”接ぎ木”されるように接続されます。

 これが、ハードディスクのパーティション(ディスク内で分割された領域)ごとに ドライブ名を割り当てて管理するWindowsとの大きな違いです。

 Windowsでは、どのドライブにフォルダやファイルが有るかが重要です。 Ubuntuでは、物理的な保存場所ではなく、基本的にルートディレクトリを起点にしてどの位置に フォルダやファイルが有るかが重要になります。

fale-manager fale-manager

隠れたファイルを表示する場合

 「Nautilus」を起動して、「ファイル」>「設定」>「表示」>「隠れたファイルとバックアップを表示する」をチェックした後、 「Nautilus」を再起動すると隠れたファイルが表示されます。

fale-manager

ゴミ箱に移動せずにファイルを削除したい場合

 「Nautilus」を起動して、「ファイル」>「設定」>「動作」>「ゴミ箱」 >「削除をメニューに追加する」をチェックした後、「Nautilus」を再起動して削除したいファイルを右クリックすると、 「削除」を選択できます。

fale-manager

ページメニューへ

ファイルマネージャー>Nautilus>「全画面表示」

 「Nautilus」の上部の黒いタスクバーの左側に「小さいアイコン」が3つあります。 左から、「赤い円に囲まれたXマーク」・「白い円に囲まれた-マーク」・「白い円に囲まれた□マーク」と並び、 右側の「白い円に囲まれた□マーク」をクリックすると、 「Nautilus」が「全画面表示」になります。 左側の「赤い円に囲まれたXマーク」をクリックすると、 「Nautilus」が消えます。

fale-manager

ページメニューへ

Nautilus>「全画面表示」>隠れたファイルを表示

 デスクトップの上部の黒いタスクバーにマウスをあてると、項目が表示されて「表示」をクリックして、 「隠れたファイルを表示する」をクリックすると、隠れたフォルダとファイルが表示されます。

fale-manager

ページメニューへ

Nautilus>「全画面表示」>ファイルシステム

 「Nautilus」の左側の項目・タイプの一覧から、ファイルシステムを選択すると、 ファイルというデータのまとまりをディスクに入出力する機能の構造=「ファイルシステム」が、 開きます。

 表示されているいくつかのフォルダはすべて、 「/」(ルート)という1つのディレクトリーの下で管理されています。 これらのフォルダは、ルートという1つの”幹”に連なる”枝”のような存在です。

fale-manager

ページメニューへ