Ubuntu freak(ディスクトップ環境)

ディスクトップ環境

ディスクトップ環境の種類

 Ubuntuは、好みや気分に応じてデスクトップの環境を選択して、インストールする事ができます。

 しかし、正直な話unityが1番安定感が有るという事が、率直な真実です。 やはり、unityをメインと考えているようです。

 興味の有るデスクトップ環境が有る場合、LIVEDVDを作成後、 実際に試してみてから自己判断でインストールしてください。

Ubuntu Desktop Menu

Ubuntu(gnome-shell/gnome3)

net

 Gnome-Shellは、Ubuntuのデフォルトのデスクトップ環境(Ubuntu17.10以降)です。

 GNOME 3.0から取り入れられたGNOMEの新しいデスクトップ環境であり、2011年4月6日にリリースされて、 これまで使われていたGNOME パネルの代わりになりました。

net

 GNOME Shellでは、デスクトップの上側にタスクバーがあり、左端にアクティビティ、 中央に時計とカレンダー、右端に通知メニューとチャットメニューが表示される。 「アクティビティ」をクリックするとアクティビティ・オーバービューが起動されます。 ポインターを画面の左上の端に動かすだけでも起動されるようになっている。 アクティビティ・オーバービューでは、開かれているすべてのウィンドウが表示され、 画面の左側にお気に入りのアプリケーション、そして上側には検索バーがあり、 インストールされたアプリケーションを検索したり 、GoogleやWikipediaでのウェブ検索もできるようになっています。

net

Gnome-Shellを紹介するの動画こちらをクリック!

 Ubuntu17.10から、正式に標準のデスクトップ環境となりました。

Ubuntuの種類 デスクトップ環境 ダウンロード
Ubuntu Gnome-Shell DownLoad

ページメニューへ

unity

net

 Unityは、Ubuntuのデフォルトのデスクトップ環境(Ubuntu 11.04からUbuntu17.04までの期間)です。

 Ubuntu 11.04からUbuntu17.04までの期間に全面的に採用されるようになった、 新しいデスクトップインターフェース(GUIシェル)です。

 Windowsから移行した場合、最初は戸惑うかと思います。 しかし、慣れると非常にシンプルなデスクトップの配置ではないかと思います。 公開当初から賛否両論が有りましたが、バージョンアップごとに安定感が増している事は事実です。

unityのランチャーを画面の下にする方法

 UbuntuDashアイコンをクリックして、端末をクリック
$ sudo apt-get updateと入力してEnterを押します。
パスワードを入力してEnterを押します。

$ sudo apt-get update
パスワード入力:
$ sudo apt-get install unity-tweak-tool
$

net

 $ sudo apt-get install unity-tweak-toolと入力してEnterを押します。

 端末の画面の末尾が「$」になったなら端末を閉じます。

net

 UbuntuDashアイコンをクリックして、
unity-tweak-toolと入力して、「unity-tweak-tool」のアイコンをクリックします。

unity-tweak-tool

 「unity-tweak-tool」の画面が表示されたら、
Lancharをクリックします。

Lanchar

net

 次の画面の外観の項目のbottomをクリックして、画面を閉じます。

net

 次に、システム管理のアイコンをクリックして、外観をクリックします。

net

 右下のスライドバーで、アイコンの大きさを調整します。

net

unityを紹介する動画こちらをクリック!

Ubuntuの種類 デスクトップ環境 ダウンロード
Ubuntu Unity DownLoad

ページメニューへ

Ubuntu MATE (gnome2)64bit/32bit

net

 Ubuntu 11.04以前まで用いられていたGNOME 2を基にしたMATE(マテ)デスクトップ環境を用いるデスクトップです。

 Ubuntuの非公式な派生品として始まった。 最初のリリースではUbuntu 14.10がベースとして用いられ、 14.04 LTSをベースとしたリリースが続いてすぐにリリースされた。

 2015年2月にはUbuntu MATEは15.04 Beta 1のリリースによりカノニカルからUbuntuの公式な派生品として認められた。

Ubuntu MATEを紹介するの動画こちらをクリック!

Ubuntuの種類 デスクトップ環境 ダウンロード
Ubuntu MATE MATE(Gnome2) DownLoad

ページメニューへ

Kubuntu(KDE)64bit/32bit

net

 GNOMEと人気を二分にしてきたデスクトップ環境で、スタートメニューをはじめ、 タスクバー、システムトレー等の配置がWindowsに非常に良く似ています。

 自由に配置できるウィジェット・カスタマイズ性の高いパネル・マウスに機能を割り当てる等の特徴が有ります。

Kubuntuを紹介するの動画こちらをクリック!

Ubuntuの種類 デスクトップ環境 ダウンロード
Kbuntu(look like Windows) KDE DownLoad

ページメニューへ

Xubuntu(Xfce)

net

 Unity・GNOMEやKDEよりも軽量・高速で、かつ高い機能を実現して、安定性も高いデスクトップ環境です。

 右クリックでアプリケーションを起動できたり、検索でアプリケーションの高速起動したり、 キーボードショートカットに好きなコマンドを割り当てる事が可能です。

 Ubuntuをインストールした上で「Xfce」を利用したい場合、 「端末」で下記のコマンドを入力して、「Xfce」をインストールします。

 「Xfce」をインストール後、Ubuntuをログアウトしてログアウト画面のパスワード記入欄の右上の「Ubuntuアイコン(マーク)」をクリックして、 「xfce」を選択して、Ubuntuのパスワードを入力して「Xfce」のデスクトップ画面にログインします。
 OSの基本がUbuntuでデスクトップ画面が「Xfce」となり、快敵な操作感で起動・操作・シャットダウンができます。

 Ubuntuに切り替えたい場合、上記の要領と同じ方法で切り替える事が出来ます。
この方法は、お薦めできます。

$ sudo apt-get update
パスワード入力:
$ sudo apt-get install xfce4
$

Xubuntuを紹介するの動画こちらをクリック!

Ubuntuの種類 デスクトップ環境 ダウンロード
Xubuntu Xfce DownLoad

ページメニューへ

Lubuntu(LXDE)

net

 古いパソコンでもサクサク動く超軽量の新進デスクトップ環境です。 高速に動作することを目的に作られた比較的新しいデスクトップ環境です。

 すべての動作が早くアプリケーションの起動も待たされることが少なく、 機能は必要最小限というのが特徴です。

 Lubuntu は今後 LXDE から LXQt への移行が発生します。

 Ubuntuをインストールした上でどうしても「LXDE」を利用したい場合、 「synaptic」で「lubuntu-desktop」をインストールします。

 「lubuntu-desktop」をインストール後、Ubuntuをログアウトしてログアウト画面のパスワード記入欄の右上の「Ubuntuアイコン(マーク)」をクリックして、 「 LXDE」を選択して、Ubuntuのパスワードを入力して「 LXDE」のデスクトップ画面にログインします。
 OSの基本がUbuntuでデスクトップ画面が「 LXDE」となり、軽快な操作感で起動・操作・シャットダウンができます。

 ただ、今後 LXDE から LXQt へ移行するため、 バージョンアップ時に不安定になる事が必然となるので、お薦め出来ません。
 「lubuntu-desktop」をインストールする場合、自己判断(責任)で導入してください。

LXDEを紹介するの動画こちらをクリック!

Ubuntuの種類 デスクトップ環境 ダウンロード
Lubuntu LXDE DownLoad

ページメニューへ

Linux mint Cinnamon

net

 Ubuntuのユーザー数を抜いたのではないか?と言われる人気No.1のGnome3ベースのデスクトップです。

 Linux mintの「-.isoファイル」は、「-.Torrentファイル」をダウンロードしてTrancemissionで開くか、 ローカルのサーバーからダウンロードします。

 ローカルのサーバーからダウンロードしてLIVE-DVDを作成する場合、 Linux mintの「-.isoファイル」の認証コードの確認が必要となります。

Linuxmintの「-.iso」ファイルの検証方法

 Linuxmintの「linuxmit-.iso」ファイルの検証方法を説明します。

 まず、こちらのアドレスにリンクして、 下にスクロールして目的のファイル(linuxmit-cinnamon-18.3-64bit.iso)をクリックします。

net

 すると、こちらのアドレスにリンクするので、 下にスクロールしてからローカルサーバーから右側の「MIRROR」と記載されている列の項目をクリックして、 「linuxmit-cinnamon-18.3-64bit.iso」ファイルをダウンロードします。
 ローカルサーバーは、どの国でもOKです。
 ダウンロード速度を考えてアジア圏の近い国で良いと思います。

 次は、、同じこちらのアドレスページの、 「verify your ISO」という文字の部分をクリックします。

net

 「verify your ISO」という文字の部分をクリックして、 リンクしたこちらのアドレスから、 目的のバージョン(18.3)をクリックします。

net

 こちらのアドレスが、 下の画面に変化します。
 その変化した下の画面の「sha256sum.txt」の文字の部分をクリックします。

net

 テキストファイルのこちらのアドレスにリンクするので、 目的のファイル(linuxmint-18.3-cinnamon-64bit.iso)の1行をコピーして、 テキストエディタに「貼り付け」て「sha256sum.txt」というファイル名でダウンロードフォルダに「保存」します。

net

 「verify your ISO」という文字の部分をクリックして、 リンクしたこちらのアドレスから、 目的のバージョン(18.3)をクリックします。

net

 こちらのアドレスが、 下の画面に変化します。
 その変化した下の画面の「sha256sum.txt.gpg」の文字の部分をクリックします。

net

 テキストファイルのこちらのアドレスにリンクするので、 そのテキストファイル(sha256sum.txt.gpg)のすべてをコピーして、 テキストエディタに「貼り付け」て「sha256sum.txt.gpg」というファイル名でダウンロードフォルダに「保存」します。

net

 これまでの作業によりダウンロードフォルダには、
linuxmint-18.3-cinnamon-64bit.iso(isoファイル)
sha256sum.txt(テキストファイル)
sha256sum.txt.gpg(テキストファイル)
の3つのファイルが存在しています。

 次に、ダウンロードフォルダ内の何も無い白地の部分を右クリックして、 ダウンロードフォルダからの「端末」の起動で下記のコマンドを入力します。(「コピー」>「貼り付け」でもOK)

$ gpg --verify sha256sum.txt.gpg sha256sum.txt
(Enterを押します。)
$ sha256sum -b linuxmint-18.3-cinnamon-64bit.iso
(Enterを押します。)

 1行目のコマンドは、
「$ gpg --verify sha256sum.txt.gpg sha256sum.txt」と入力してからEnterキーを押します。

 2行目のコマンドは、
「$ sha256sum -b」の入力後に、1回半角スペースキーを押して目的のファイル名(linuxmint-18.3-cinnamon-64bit.iso)を入力してからEnterキーを押します。

net

 下の画面が、
sha256sum.txt(テキストファイル)の中身です。

net

 下の画面で、
sha256sum.txt(テキストファイル)と、
「端末」の画面を比較できます。

net

 下の画面は、
sha256sum.txt(テキストファイル)と、
「端末」の画面の
「linuxmint-18.3-cinnamon-64bit.iso」認証コードをテキストファイルにコピーしました。

 下の画面では、
sha256sum.txt(テキストファイル)と、
「端末」の画面の
「linuxmint-18.3-cinnamon-64bit.iso」認証コードが同じである事が確認できます。

net

$ gpg --verify sha256sum.txt.gpg sha256sum.txt
(Enterを押します。)
$ sha256sum -b linuxmint-18.3-cinnamon-64bit.iso
(Enterを押します。)

 ファイルの検証の結果、認証コードが同じである事が確認できたので、 この「linuxmint-18.3-cinnamon-64bit.iso」ファイルで問題無く自身のパソコンにインストールする事ができます。

net

Linux mintの日本語化

 Linux mintの完全日本語化は、下記のコマンドで可能です。

$ wget -q http://packages.linuxmint-jp.net/linuxmint-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
$ sudo wget http://packages.linuxmint-jp.net/sources.list.d/linuxmint-ja.list -O /etc/apt/sources.list.d/linuxmint-ja.list
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get dist-upgrade
$ sudo apt-get install mint-gnome-ja --install-recommends

Ubuntuの種類 デスクトップ環境 ダウンロード
Linux mintファイルの検証方法 Cinnamon(Gnome3) DownLoad

ページメニューへ

Linux mint Mate

net

 Ubuntuのユーザー数を抜いたのではないか?と言われる人気No.1のGnome2をフォークしたデスクトップです。

 Linux mintをインストールする場合、どのエディションをインストールしていいのか解らない時には、 この「Linux mint Mate」が推奨されています。

 Linux mintの「-.isoファイル」は、「-.Torrentファイル」をダウンロードしてTrancemissionで開くか、 ローカルのサーバーからダウンロードします。

 ローカルのサーバーからダウンロードしてLIVE-DVDを作成する場合、 Linux mintの「-.isoファイル」の認証コードの確認が必要となります。

Linux mintの日本語化

 Linux mintの完全日本語化は、下記のコマンドで可能です。

$ wget -q http://packages.linuxmint-jp.net/linuxmint-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
$ sudo wget http://packages.linuxmint-jp.net/sources.list.d/linuxmint-ja.list -O /etc/apt/sources.list.d/linuxmint-ja.list
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get dist-upgrade
$ sudo apt-get install mint-gnome-ja --install-recommends

Ubuntuの種類 デスクトップ環境 ダウンロード
Linux mintファイルの検証方法 Mate(Gnome2) DownLoad

ページメニューへ

Elementry OS (look like MAC)

net

 Mac風のデスクトップということで話題を呼んでいる人気OSです。

Ubuntuの種類 デスクトップ環境 ダウンロード
Elementry OS(look like Mac) Gala(Mutter) DownLoad

ページメニューへ

Zorin OS Core(Gnome)/lite(Xfce)

net

 Windows7/WindowsXP風のデスクトップということで人気急上昇で最も注目されているOSです。

 Core(Gnome)場合、 「Windows7」風・「WindowsXP」風・「Gnome-Shell」の3つのデスクトップ環境を簡単に変える事が可能です。

 lite(Xfce)場合、 「Windows7」風・「WindowsXP」風の2つのデスクトップ環境を簡単に変える事が可能です。

 スタートボタンをクリックして、Zorin Apperanceをクリックして、デスクトップ環境を選択できます。

net
Ubuntuの種類 デスクトップ環境 ダウンロード
Zorin OS Core(look like Windows7/XP) Gnome DownLoad
Zorin OS lite(look like Windows7/XP) Xfce DownLoad

ページメニューへ

Linuxbean16.04(LXDE)

net

 linuxBean の作者の方は、熊本地震の影響をうけてしまい、現在開発が中断されています。 「ライブCDの部屋」さんがlinuxBean 16.04 という形でバージョンアップして公開しています。

 LinuxBean ( リナックス ビーン ) は32ビツト CPU 用の OS として、 デスクトップ環境をLXDEを採用しており軽量・高速ディストリビューションで、 ほとんどのパソコンで軽快な操作が可能なはずです。

 作者が日本人なので、最初から日本語対応になっています。

 インストール手順は、Ubuntuと同様です。
LIVE-DVDからデスクトップ画面起動後、「端末」で下記のコマンドからインストール画面を起動します。

$ ubiquity gtk_ui --automatic

・バックグランドのファイルコピーが終了してから!(注意:ファイルコピーが終了するまで、先に作業を進めてはいけない!
・「ユーザー名」・「パスワード」・「ログイン方法」を設定
・OSインストールは、最低限のアプリです。
・インストール後、「linux bean設定ウィザード」から必要なアプリを簡単インストール
・「linux bean設定ウィザード」は、「端末」で展開するので「y/n」と表示されたら「y」と入力してEnterキーを押します。
・「端末」終了で、初期設定が簡単に終わります。

Ubuntuの種類 デスクトップ環境 ダウンロード
Linuxbean16.04(32bit) LXDE DownLoad

ページメニューへ