Ubuntu freak(ディスクトップ環境)

ディスクトップ環境

ディスクトップ環境の種類

 Ubuntuは、好みや気分に応じてデスクトップの環境を選択して、インストールする事ができます。

 しかし、正直な話unityが1番安定感が有るという事が、率直な真実です。 やはり、unityをメインと考えているようです。

 興味の有るデスクトップ環境が有る場合、LIVEDVDを作成後、 実際に試してみてから自己判断でインストールしてください。

Ubuntuの代表的なデスクトップ環境

unity

net

 unityは、Ubuntuのデフォルトのデスクトップ環境です。

 Ubuntu 11.04から全面的にデスクトップ環境でも採用されるようになった、 新しいデスクトップインターフェース(GUIシェル)です。

 Windowsから移行した場合、最初は戸惑うかと思います。 しかし、慣れると非常にシンプルなデスクトップの配置ではないかと思います。 公開当初から賛否両論が有りましたが、バージョンアップごとに安定感が増している事は事実です。

unityのランチャーを画面の下にする方法

 UbuntuDashアイコンをクリックして、端末をクリック
$ sudo apt-get updateと入力してEnterを押します。
パスワードを入力してEnterを押します。

$ sudo apt-get update
Enter
パスワードの入力
Enter

net

 $ sudo apt-get install unity-tweak-toolと入力してEnterを押します。

$ sudo apt-get install unity-tweak-tool
Enter
$

 端末の画面の末尾が「$」になったなら端末を閉じます。

net

 UbuntuDashアイコンをクリックして、
unity-tweak-toolと入力して、「unity-tweak-tool」のアイコンをクリックします。

unity-tweak-tool

 「unity-tweak-tool」の画面が表示されたら、
Lancharをクリックします。

Lanchar

net

 次の画面の外観の項目のbottomをクリックして、画面を閉じます。

net

 次に、システム管理のアイコンをクリックして、外観をクリックします。

net

 右下のスライドバーで、アイコンの大きさを調整します。

net

unityを紹介する動画こちらをクリック!

ページメニューへ

Ubuntu gnome (gnome-shell/gnome3) 16.04 64bit/32bit

net

 GNOME 3.0から取り入れられたGNOMEの新しいデスクトップ環境であり、2011年4月6日にリリースされて、 これまで使われていたGNOME パネルの代わりになりました。

 GNOME Shellでは、デスクトップの上側にタスクバーがあり、左端にアクティビティ、 中央に時計とカレンダー、右端に通知メニューとチャットメニューが表示される。 「アクティビティ」をクリックするとアクティビティ・オーバービューが起動されます。 ポインターを画面の左上の端に動かすだけでも起動されるようになっている。 アクティビティ・オーバービューでは、開かれているすべてのウィンドウが表示され、 画面の左側にお気に入りのアプリケーション、そして上側には検索バーがあり、 インストールされたアプリケーションを検索したり 、GoogleやWikipediaでのウェブ検索もできるようになっています。

Gnome-Shellを紹介するの動画こちらをクリック!

 Ubuntu GNOME 64bit/32bitは、 Ubuntu GNOMEの「公開ダウンロードサイト」から、 ダウンロードしてインストールします。

ページメニューへ

Ubuntu MATE (gnome2) 15.04 64bit/32bit

net

 Ubuntu 11.04以前まで用いられていたGNOME 2を基にしたMATE(マテ)デスクトップ環境を用いるデスクトップです。

 Ubuntuの非公式な派生品として始まった。 最初のリリースではUbuntu 14.10がベースとして用いられ、 14.04 LTSをベースとしたリリースが続いてすぐにリリースされた。

 2015年2月にはUbuntu MATEは15.04 Beta 1のリリースによりカノニカルからUbuntuの公式な派生品として認められた。

Ubuntu MATEを紹介するの動画こちらをクリック!

 Ubuntu MATE 15.04 64bit/32bitは、 Ubuntu MATEの「公開ダウンロードサイト」から、 ダウンロードしてインストールします。

ページメニューへ

Kubuntu(KDE)64bit/32bit

net

 GNOMEと人気を二分にしてきたデスクトップ環境で、スタートメニューをはじめ、 タスクバー、システムトレー等の配置がWindowsに非常に良く似ています。

 自由に配置できるウィジェット・カスタマイズ性の高いパネル・マウスに機能を割り当てる等の特徴が有ります。

Kubuntuを紹介するの動画こちらをクリック!

 Kubuntu 64bitは、 Kubuntu 64bitの「公開ダウンロードサイト」から、 ダウンロードしてインストールします。

 Kubuntu 32bitは、 Kubuntu 32bitの「公開ダウンロードサイト」から、 ダウンロードしてインストールします。

ページメニューへ

Xubuntu(Xfce)

net

 Unity・GNOMEやKDEよりも軽量・高速で、かつ高い機能を実現して、安定性も高いデスクトップ環境です。

 右クリックでアプリケーションを起動できたり、検索でアプリケーションの高速起動したり、 キーボードショートカットに好きなコマンドを割り当てる事が可能です。

 Ubuntuをインストールした上で「Xfce」を利用したい場合、 「端末」で下記のコマンドを入力して、「Xfce」をインストールします。

 「Xfce」をインストール後、Ubuntuをログアウトしてログアウト画面のパスワード記入欄の右上の「Ubuntuアイコン(マーク)」をクリックして、 「xfce」を選択して、Ubuntuのパスワードを入力して「Xfce」のデスクトップ画面にログインします。
 OSの基本がUbuntuでデスクトップ画面が「Xfce」となり、快敵な操作感で起動・操作・シャットダウンができます。

 Ubuntuに切り替えたい場合、上記の要領と同じ方法で切り替える事が出来ます。
この方法は、お薦めできます。

$ sudo apt-get update
パスワードの入力>「Enter」
$ sudo apt-get install xfce4
$

Xubuntuを紹介するの動画こちらをクリック!

 Xubuntu 32bitは、 Xubuntuの「公開ダウンロードサイト」から、 ダウンロードしてインストールします。

ページメニューへ

Lubuntu(LXDE) 32bit

net

 古いパソコンでもサクサク動く超軽量の新進デスクトップ環境です。 高速に動作することを目的に作られた比較的新しいデスクトップ環境です。

 すべての動作が早くアプリケーションの起動も待たされることが少なく、 機能は必要最小限というのが特徴です。

 Lubuntu は今後 LXDE から LXQt への移行が発生します。

 Ubuntuをインストールした上でどうしても「LXDE」を利用したい場合、 「synaptic」で「lubuntu-desktop」をインストールします。

 「lubuntu-desktop」をインストール後、Ubuntuをログアウトしてログアウト画面のパスワード記入欄の右上の「Ubuntuアイコン(マーク)」をクリックして、 「 LXDE」を選択して、Ubuntuのパスワードを入力して「 LXDE」のデスクトップ画面にログインします。
 OSの基本がUbuntuでデスクトップ画面が「 LXDE」となり、軽快な操作感で起動・操作・シャットダウンができます。

 ただ、今後 LXDE から LXQt へ移行するため、 バージョンアップ時に不安定になる事が必然となるので、お薦め出来ません。
 「lubuntu-desktop」をインストールする場合、自己判断(責任)で導入してください。

LXDEを紹介するの動画こちらをクリック!

 LUBUNTU 32bitは、 Lubuntuの「公開ダウンロードサイト」から、 ダウンロードしてインストールします。

ページメニューへ