Ubuntu freak(Wine)

Wine > Windowsのアプリケーション

Wineを導入して、Windowsのソフトを利用できます。

 ソフトウェアセンターから、「Wine」というアプリケーションをインストールすると、 ”全部ではないですが”いくつかの「Windows」のアプリケーションを利用する事が可能です。

PageMenu

Wineのリポジトリの追加

Wineをインストール

公開ホームページから「Windows」のアプリケーションをダウンロード

Jw_cadをインストール

WineのWindowsのアプリケーションの削除

Wineのリポジトリの追加(この項目は過去のものです!)

 *この項目は過去のもので、現在は特にリポジトリの追加をする必要がありません。

 ます、「Wine」の公開ホームページからリポジトリをコピーします。

 公開ホームページを開いたなら「Download」の項目をクリックします。

Wineのリポジトリの追加

 「Download」のページに移動したら、下にスクロールします。

Wineのリポジトリの追加

 赤色の文字の「Download Ubuntu packages」をクリックします。

Wineのリポジトリの追加

 次のページには、リポジトリの追加方法の説明の(ソフトウェアソースの)画像が有り、 その下の「ppa:~」の文字の部分をコピーします。

 >こちらからも、直接コピーするページを開く事ができます。

Wineのリポジトリの追加

 コピーは、右クリックして「Copy」をクリックします。

Wineのリポジトリの追加

 次に、「ソフトウェアセンター」を起動>タスクバーの「編集」>「ソフトウェアソース」それぞれをクリックして、 「ソフトウェアソース」を開きます。

 「ソフトウェアソース」の「他のソフトウェア」(=「othersoftware」)タグをクリックします。

Wineのリポジトリの追加

 右下の「追加」(=「Add」)をクリックします。

Wineのリポジトリの追加

 「リポジトリ追加画面」が表示されます。

Wineのリポジトリの追加

 先程、公開ホームページでコピーした、リポジトリを今度はこの画面の検索欄に貼るつけて、 右下の「追加」(=「Add Source」)をクリックします。

Wineのリポジトリの追加

 パスワードを要求されるので、パスワードを入力して、 右下の「Authenticate」をクリックして、リポジトリの追加終了です。

Wineのリポジトリの追加

ページトップへ

Wineをインストール

 まずは、ソフトウェアセンターを起動して、検索欄に「Wine」と入力します。

UbuntuWine

 「Wine Windows プログラムローダー」の項目の「インストール」をクリックします。

UbuntuWine

 パスワードを要求されるので、Ubuntuのパスワードを入力します。

UbuntuWine

 下の画面が表示されたなら、「進む」をクリックします。

UbuntuWine

 「Wine Windows プログラムローダー」と、その下の「Winetricks」がインストールされているはずです。

UbuntuWine

ページメニューへ

公開ホームページから「Windows」のアプリケーションをダウンロード

 公開ホームページから「Windows」の「.exe」ファイルを、普通の方法でダウンロードします。

 ここでは、実践的な例として「TeraPad」をダウンロードします。

 「DOWNLOAD」をクリックします。

UbuntuWine

 次の画面で、「プログラムで開く」>「WineWindowsProgramLoader」を選択して、 右下の、「OK」をクリックします。

UbuntuWine

 そのまま「TeraPad」を「インストール」できるので、 次の画面で、「次へ」をクリックします。

UbuntuWine

 次の画面で、「次へ」をクリックします。

UbuntuWine

 次の画面で、「次へ」をクリックします。

UbuntuWine

 次の画面で、「フォルダ作成」の催促をされるので、「はい」をクリックします。

UbuntuWine

 次の画面で、「デスクトップ上にショートカットを作成する」の左側のチェックが付いているのを確認して、 「次へ」をクリックします。

UbuntuWine

 「Windows」版の「TeraPad」の「インストール」が成功しました。

UbuntuWine

 デスクトップに「TeraPad」のアイコンが配置されました。

UbuntuWine

 「TeraPad」のアイコンをクリックすると、「Windows」と同様に「TeraPad」を起動して利用できます。

UbuntuWine

ページメニューへ

Jw_cadをインストール

 次に、「Jw_cad」をインストールしてみましょう。

 「Jw_cad」は、デスクトップにアイコンを配置できません。 また、「Wine」上の「プログラムの追加と削除」で、「Jw_cad」を削除できません。

 「Jw_cad」をどうしても利用したい場合は、とりあいず「インストール」できます。

 公開ホームページから「Windows」の「.exe」ファイルを、普通の方法でダウンロードします。

 公開ホームページの「DOWNLOAD」をクリックします。 「インストール」の方法は、基本的に「TeraPad」と同様です。

 「インストール先を指定してください」と表示されたら、「OK」をクリックします。

UbuntuWine

 「スタートメニューに登録しますか?」と表示されたら「はい」をクリックします。

UbuntuWine

 「DDEの接続に失敗しました。400a」と表示されたら、「OK」を5回くらい繰り返しクリックします。

UbuntuWine

 「Jw_cadをインストールしました。」と表示されたら、「OK」をクリックして「インストール」終了です。

UbuntuWine

 「Jw_cad」を起動する場合は、デスクトップの左側のランチャーの「ホームフォルダ」のアイコンをクリックして、 上のタスクバーの「表示」をクリックして、「隠れたファイルを表示する」をクリックして、 「ホームフォルダ」の「.wine」をクリック、>「dosdevices」をクリック、>「C:」をクリック、します。

 次に、「C:」フォルダの中の「jww」のフォルダを右クリックして「コピー」をクリックします。

UbuntuWine

 次に、デスクトップの何も無い場所で右クリックして、「貼り付け」をクリックします。

 先程「コピー」した「C:」フォルダの中の「jww」のフォルダが、 デスクトップに「貼り付け」=表示されます。

UbuntuWine

 デスクトップの「jww」のフォルダをダブルクリックすると、フォルダが開きます。

UbuntuWine

 「jww」のフォルダの中の「jw_win.exe」という起動ファイルを右クリックして、 項目の中の「WineWindowsProgramLoader」をクリックします。

UbuntuWine

 「Jw_cadを起動します。」と表示されたら「OK」をクリックします。

UbuntuWine

 「Jw_cad」が起動が成功しました。

 「Jw_cad」の場合は、「jww」のフォルダと「jw_win.exe」という起動ファイルがセットでないと起動できません。 そういう訳で、デスクトップに「jww」のフォルダをコピーしておくと、そのフォルダを開いて、 上記の要領で「Jw_cad」が起動できます。 (ホームフォルダを開いて「jw_win.exe」という起動ファイルを辿り、直接起動する事もできますが、 やはり、デスクトップに「jww」のフォルダをコピーして、そのフォルダを開いて「Jw_cad」を起動した方が楽です。)

UbuntuWine

 左上の「□」マークをクリックして、全画面表示できます。

UbuntuWine

ページメニューへ

WineのWindowsのアプリケーションの削除

 「Wine」で導入したWindowsのアプリケーションの削除をする場合は、 ランチャーの1番上の「Ubuntu-Dash」アイコンをクリックして、 検索欄に「UninstallWineSoftware」と入力して起動します。

UbuntuWine

 「Terapad」の部分をクリックすると、ハイライトされるので、 「変更と削除」をクリックします。

UbuntuWine

 「Terapadのアンインストールを実行してもよろしいですか?」と表示されたら、 「はい」をクリックします。

UbuntuWine

 Windowsと同様に「Terapad」のアンインストールが実行されます。

UbuntuWine

 「Wine」から「Terapad」が削除されました。

 「Jw_cad」の場合はこの方法では削除できません。 「Jw_cad」を削除する場合は、「Wine」を1回削除するしかないと思います。 (他に方法がわかりません。)

UbuntuWine

ページメニューへ