Ubuntu freak(バーチャルボックス)

XP in Ubuntu

UbuntuのバーチャルボックスでWindowsXPに再会

 ここでは、UbuntuのバーチャルボックスでWindowsXPを利用する方法を紹介します。
 はっきり言って、ここまで出来ればXPを利用する理由は有りません。
 Windows 7ならば、このページで紹介した事を応用して、利用するのもいいでしょう。
 パソコンのメモリーが最低でも2G以上で、SSD(HDD)は、100GB以上は必要かと思います。

PageMenu

バーチャルの設定

WindowsXPのインストール

Windowsの起動

画面を拡大

Operaの導入

バーチャルの設定

 まずは、Ubuntuのバーチャルボックスを起動します。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 OS名(WindowsXP)を入力します。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 メモリーサイズを指定します。192MBでもいいのですが、より機敏に動作させる目的で1024MBにします。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 「作成」をクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 ”VDI”>「次へ」をクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 ”可変サイズ”>「次へ」をクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 ”ファイルの場所とサイズ”>任意>30GBにしてみました>「作成」をクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 ROMディスクにインストールCDを挿入して、「起動」をクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 起動画面の「起動」をクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 ”どうするか確認”の右側の▼>別のアプリケーション>virtualbox>それぞれをクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 「setup.exe」をクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 「setup.exe」が起動して、ここでクラッシュしました。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 全面の画面を消して、再度奥の起動画面の「起動」をクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

ページメニューへ

WindowsXPのインストール

 「Enter」キーを押す。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 ”同意します”>「F8」を押す。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 「半角/全角」キーを押す。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 ”よろしいですか?”>「Y」キーを押す。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 ”インストール”>「Enter」キーを押す。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 ”パーティションをフォーマット”>「Enter」キーを押す。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 フォーマットの開始。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 ”インストールの準備をしています”

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 「次へ」をクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 コンピューター名を入力>「次へ」をクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 XPのプロダクトキーを入力>「次へ」をクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 「次へ」をクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 「次へ」をクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 ”インストール開始”

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 ”標準設定”>「次へ」をクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 ”ファイルをコピーしています”

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 ”設定を保存しています”

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 「OK」をクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 「OK」をクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

ページメニューへ

Windowsの起動

 ”XPの起動開始”

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 ”XPが起動”バルーンを消して、言語バーを下部タスクバーに格納。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 ”XPのインストール成功”

UbuntuのバーチャルボックスでXP

ページメニューへ

画面を拡大

 Ubuntu(バーチャルボックス)の方の上部タスクバーの「表示」をクリックして、
「スケールモード」をクリック>画面を拡大。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 XPのスタートボタンをクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

ページメニューへ

Operaの導入

 XPのインターネットエクスプローラーでは問題が多いので、 Opera(ウェブブラウザ)を導入します。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 「今すぐダウンロードする」をクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 「実行」をクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 「実行する」をクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 「許可してインストール」をクリック。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 Opera(ウェブブラウザ)が起動。

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 Opera(ウェブブラウザ)で検索>バーチャルボックスを最小化
(*上部黒のタスクバー左端の□マークをクリック。)

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 ”デスクトップに、Opera(ウェブブラウザ)のアイコン”>バーチャルボックスのXPを終了
(*上部黒のタスクバー左端のXマークをクリック。)

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 バーチャルボックスの管理画面を終了。
(*管理画面の上部黒のタスクバー左端のXマークをクリック。)

UbuntuのバーチャルボックスでXP

 最後まで、ご覧頂いてありがとうございました。
はっきり言って、ここまで出来ればXPを利用する理由は有りません。

ページメニューへ