Ubuntu WiMAX2+LTE

Ubuntu WiMAX2+LTE(*現在、Ubuntu16.10では、利用不可!)

WiMAXの業者

 Ubuntuに限らずWiMAXを利用すると、「ギガ放題」・低価格(3,000円程度/月)・同時接続台数 10台・携帯可能で、インターネットの総合的な出費を抑える事ができます。

 主な、『WiMAX』の業者を紹介します。

・Broad WiMAX

WiMAX

*画像をクリックすると、そのサイトにリンクします。

・とくとくBB

WiMAX

*画像をクリックすると、そのサイトにリンクします。

・RaCoupon WiMAX

WiMAX

*画像をクリックすると、そのサイトにリンクします。

Speed Wi-Fi NEXT w01 の設定

Ubuntu16.10

 Ubuntuの最新版Ubuntu16.10版コードネーム「Yakkety Yak」は、 2016.10.28に予定通り公開されました。
 しかし、Ubuntu16.10版コードネーム「Yakkety Yak」は、
現在、Ubuntu16.10はWiMAXへの接続は出来ません。

 Wimaxをご利用の方は、Ubuntu16.10「Yakkety Yak」をインストールできないので、 「光ファイバー(or ADSL)+プロバイダー」経由で、インストールしてください。

Ubuntu16.04までのバージョン

 旧式の「Aterm WM3800R」の利用の場合は、 Ubuntuのインターネットのアイコンに自動的にWiMAXのSSIDが表示されて、インターネットに簡単に繋げる事が出来ました。

 新タイプ「Speed Wi-Fi NEXT w01」は、『SSID2 WEP』に設定しないと、 インターネットに繋がりません。

 新タイプ「Speed Wi-Fi NEXT w01」の場合、あらかじめ、『SSID2=wepキー』に設定を変更しておく必要が有ります。
 初期設定では、『SSID1 WPA2/WPA』のみの設定になっていて、『SSID2 WEP』は、「オフ」となっているので、
『SSID2 WEP』を利用する場合、設定が必要です。

 以下に、『設定ツール』による設定の方法を説明致しますが、 注意しなければならない事は、最初に設定した端末(パソコン・スマホ)のみの設定となり、 複数の端末(パソコン・スマホ)からの「ログイン」ができません。

 なので、Ubuntuをインターネットに繋げる場合、 他の端末、スマホから『設定ツール』に「ログイン」するか、 あるいは、Windowsのパソコンから「ログイン」しなければなりません。

 また、複数の端末を同時に利用する事が多い場合、プリンター等の共有化等のために、 すべての端末のSSIDを『SSID2 WEP』にした方が便利です。 ちなみに、「IPアドレス」を変更した場合、ソフトによっては再インストールが必要になる事が有ります。

 上記の方法は、Ubuntu15.10版までのバージョンの場合の方法となります。

Ubuntu16.04LTS 64bit版、及び32bit版の場合

 Ubuntu16.04LTS 64bit版、及び32bit版の場合、無線LAN接続を利用した方法で、 『SSID1 WPA2/WPA』も『SSID2 WEP』もインターネットに接続出来ません。

 Ubuntu16.04LTS 64bit版、及び32bit版で、新タイプ「Speed Wi-Fi NEXT w01」を利用する場合、 付属のUSBケーブルをパソコンに繋げると問題無くインターネットに接続できます。

 付属のUSBケーブルをパソコンに繋げる事自体は、少々面倒ですが、
有線LAN接続(光・ADSL)とほとんど同じ感覚・速度で利用できます。

『設定ツール』

 『設定ツール』で、設定するには>webブラウザを起動して、アドレス欄に、

http://speedwifi-next.home

と、入力して「Enter」を押します。
ユーザー名を「admin」、パスワード「◯◯◯◯◯」(=本体背面下部に記載されているIMEIの下5桁)を入力して、
「ログイン」をクリックします。

ユーザー名=「admin」
パスワード=「◯◯◯◯◯」(=本体背面下部に記載されているIMEIの下5桁)

設定ツール

 次に、「設定」タグをクリックします。

設定ツール

 次に、「基本設定」の「セキュリティ設定」をクリックします。

設定ツール

 次に、『SSID2モジュール』を「オン」に、『SSIDステルス』を「オフ」にして、 「適用」をクリックします。

『SSID2モジュール』を「オン」
『SSIDステルス』を「オフ」
「適用」をクリック

 以上の設定で、Ubuntuがインターネットに繋がります。
 それ以外の難しい設定は、特に必要がありません。

設定ツール

ページトップへ